響き合うダンチライフ
コミュニケーションデザインによる団地再生プロジェクト
プロジェクト概要
  • HOME
  •  > 
  • プロジェクト概要

コンセプト

響き合うダンチ・ライフ

大阪府住宅供給公社では、既存のストックを活用し、住民同士のコミュニケーションの促進、豊かな自然環境を活かした魅力ある住環境の整備など、団地の魅力向上や地域への貢献を大きな目標にして、団地再生事業に取り組んでいます。

特に茶山台団地(堺市南区)では、「響きあうダンチ・ライフ」をコンセプトに、住民同士のさまざまな交流が生まれ、それらが互いに響きあうことにより、豊かな自然に囲まれながら多くの人々が暮らす「団地ならでは」の新しいライフスタイルが育まれる取り組みにチャレンジしています。

茶山台団地の再生方針

①茶山台団地を「リーディングプロジェクト団地」として位置づけ、今後の郊外型団地再生のモデル構築を目指します。

②公的指針を踏まえ、団地再生の取組みを通じてニュータウン再生へ貢献します。

③ハード・ソフトの両面(※)で、さまざまな角度から再生に向けての取組みを行います。

※ハード事業:住戸改善事業、屋外環境整備など
ソフト事業:コミュニティ支援事業、DIY普及事業など

茶山台団地の再生イメージ

「響きあうダンチ・ライフ」を実現するために、住⼾リノベーションによる居住水準向上をはじめ、コアエリアの整備やエントランスや主要な歩行路など共用部分の改修により、より暮らしやすい団地への再生を目指します。

またハードの整備に留まらず、住民同士の交流を生むサードプレイスや住みよい団地コミュニティの仕組みを企業や⼤学、NPO法⼈など多様な活動主体と連携し、専門家や住民の意見・アイデアを取り入れながら創りあげていきます。

こうしたハードとソフトの両面から利便性向上やコミュニティの活性化に取り組み、団地の付加価値の向上と地域のまちづくり貢献を実現します。

住民アンケートで出たアイデアや団地の特性を踏まえた専門家の意見をまとめた再生イメージ

(イメージは実際の計画と異なる場合があります。)

住民アンケートで出たアイデアや団地の特性を踏まえた専門家の意見をまとめた再生イメージ

茶山台団地

  • 所在地:堺市南区茶山台2丁1・2番
  • 交通:泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅徒歩約10分
  • 建築:1971年(昭和46年)
  • 建築物:住棟29棟、集会所3棟
  • 総戸数:987戸   階数:5階建
茶山台団地

茶山台団地の住まい方イメージ

茶山台団地の整備が進められるにしたがって広がる、新たな暮らしのイメージ。

小学生と幼稚園の2人の子供がいるB さん家族。子供達が自然と触れ合いながら、安心しておそとで遊べる場所を求めて茶山台団地に引っ越してきました。
両親に見守られながら、団地内の広場やプレイルーム、隣接する大蓮公園で遊ぶことができるので、子供達は大喜び。家族の絆が一層深まっています。
子供達がもう少し大きくなったら部屋が手狭になりそうなので、将来は二戸一住戸への住み替えができたらいいなと夫婦で話をしています。

長年茶山台団地で暮らしてきたCさん夫婦。今は子供達も独り立ちし、夫婦二人暮らしです。最近旦那さんが退職されたのを機に、健康づくりも兼ねて二人で一緒にウォーキングをはじめました。泉ヶ丘地域は自然豊かでウォーキングにぴったりの場所です。緑道も整備されているので、夫婦でおしゃべりしながら気持ちよく歩いています。

大阪市内の会社に勤めるために地方から出て来たA さんは、茶山台団地のゆったりとした雰囲気に惹かれて引っ越しました。仕事が早く終わった日は、コアエリアの集会所で住民の方が教えてくれるフラワーアレンジメント教室に参加することで知り合いも増え、近所のことを色々教えてもらっています。
また、住戸も一人暮らしには十分に広いので、休日に友人を招いたり、田舎から遊びに来た両親が泊まることもできるので、一人暮らしを満喫しています。

Copyright [c] Osaka Prefectural Housing Corporation.All rights reserved.
先頭へ戻る
CLOSE