【茶山台団地】
響き合うダンチライフ
コミュニケーションデザインによる団地再生プロジェクト
様々な取り組み
  • HOME
  •  > 
  • 様々な取り組み

現在進めている取り組み

平成28年度リノベーション事業

今年度も引き続き堺市と連携したリノベーションを実施します。昨年度好評だった「子育て世帯向け2戸1化リノベーション」をテーマに、デザイン性の高いプランについて提案を公募します。

平成28年度リノベーション事業「ニコイチ」(平成27年度実施)

ミニライブラリー「茶山台としょかん」開設

集会所の一部を舞台に、みんなで本棚を造り、本を持ち寄って小さな図書館を開き、自由に貸し出しています。
図書館をみんなが立ち寄ることのできる開かれた場所にし、「つながりの場所」に変えていく活動を行っています。
館長は(株)パラドックスの東 善仁さんにお願いし、団地に実際に住みながら日頃の管理・運営とともに、住民同士のゆるやかなつながりや、楽しい団地づくりのアイデアを生み出していきます。

> 茶山台 としょかん Facebook

ミニライブラリー「茶山台としょかん(仮称)」
東 善仁

東 善仁(ひがし よしひと)プロフィール

奈良県生まれの39歳。昨年11月から茶山台在住。企業広告のディレクター、編集者、ファシリテーターの仕事のかたわら、ソーシャルデザイナーを応援するウェブマガジン「greenz.jp」のライターとしても活動中。ときにはスティールパンを演奏するバンドpandelight(パンデライト)のメンバーとして幼稚園、イベントなどでの活動も。

>「greenz.jp」ホームページ

「ダンチ・ライフ」提案プロジェクト

昨年12月に、茶山台団地の住民を対象に始まった「整理・収納セミナー」は、女性を中心に多くのご参加をいただき、室内空間の有効活用への関心の高さを知ることができました。今後もさまざまなテーマで素敵なダンチ暮らしへの「ヒント」を発信していきます。

「来年こそは整理できる自分になる」整理収納セミナー 
>整理編  >収納編  >実践編

「ダンチの暮らし方」提案プロジェクト

「ちゃやマルシェ」の開催

「マルシェ」を通じて人々が集う、にぎわいの場所づくりを目指して、週1回程度、移動販売車による新鮮野菜など食料品の販売を試験的に開催します。住民の意見を踏まえ、今後の継続開催につなげていきます。また、「茶山台としょかん」とのコラボイベントなども開催し、住民どうしの交流の機会も創りだしていきます。

これまでの取り組み

DIYⓇSCHOOL at 公社茶山台団地(堺市補助事業)

「DIYⓇSCHOOL」は11号棟の5戸を一般参加型のDIYワークショップでリノベーションする日本初の試みとなるプロジェクト。室内の解体から内装工事、そして完成までの工程を14メニュー全21回の講義形式で実施し、のべ500人を超える人々が参加しました。完成住戸は新婚や子育てなど若年世帯に限定して入居者募集を実施しました。

> DIYⓇSCHOOLについて

DIYⓇSCHOOL at 公社茶山台団地

2戸1住戸等リノベーション事業(堺市補助事業)

平成27年度の住戸改善事業では2戸1住戸リノベーションプラン等をテーマとして、公募により広く民間事業者からそのノウハウを活かした提案を求めました。(入居者募集は終了しています)

>ニコイチ(堺市補助事業)
「ニコがヒトツに」。リアルに広い90㎡!
http://2ko1.danchi-renovation.com/

>リノベ45
「広すぎる」45㎡のワンルーム・リノベーション!
http://renov45.danchi-renovation.com

2戸1住戸等リノベーション事業

耐震化工事(全11棟)

耐震基準を満たしていない一部住棟については、平成27年度に耐震改修工事を行いました。

耐震化工事(全11棟)

WAKUWAKUワークショップ

茶山台団地にお住まいの方を対象にDIYの楽しさを通じて住民同士の交流を図る目的で開催しました。
・「おもちゃづくりWS」
・「ふすま紙の貼り方教室」
・「お箸をつくる会」
・「Myけん玉づくり」

WAKUWAKUワークショップ

ワークショップ「みらいの集会所!プロジェクト」

団地の集会所を、今までとは違う「コミュニティスペース」に生まれ変わらせるアイデアを住民同士で考えていくプロジェクトを立ち上げました。
プロのリードのもと、「こんな集会所だったらいいな!」、「理想のコミュニティスペースってどんなん?」等について考えました。
最後に建築家の星田逸郎氏によって、まとめ上げられたアイデアは、公社で実現に向けて検討しています。

ワークショップ「みらいの集会所!プロジェクト」

これからの取り組み

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業

公社と近畿大学が連携し、茶山台団地の一部で断熱改修工事と健康調査を実施します。既存の集合住宅の省エネルギー化(高断熱化)による住環境改善効果について、改修前後の室内温度、湿度、空気質を測定し、疾病予防や介護予防の観点から居住者にもたらす健康への影響度に関する調査データの収集を目的としています。

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業

住棟壁面サイン計画

景観改善の一環として、団地のイメージを大きく変える住棟の壁面のサインをリニューアルする方向で検討しています。住棟の元の色彩を活かしたスタイリッシュなデザインの導入を検討しています。

住棟壁面サイン計画

「レクチャー付きDIY住宅」募集プラン(仮称)

DIYへの関心が高まっているものの、「方法が分からない」、「賃貸住宅は原状回復義務があるから…」という声があります。なかなかDIYへの一歩を踏み出せないという方のために、DIYを学びながらセルフリノベーションを体験する機会を提供し、完成した住戸に実際に住んで、さらにDIYで自分好みの空間をつくる。そんな募集プランを試験的に導入する予定です。

地元大学との連携

地元大学の育成プログラムと連携し、メディアやコミュニケーションへの関心が高い学生に対し、茶山台団地の地域コミュニティを舞台に自らのテーマに基づく研究活動の場を提供できるしくみづくりをおこないます。また、若い学生が地域に入っていくことにより、コミュニティの活性化が進むことも期待できます。

Copyright [c] Osaka Prefectural Housing Corporation.All rights reserved.
先頭へ戻る
CLOSE